恋の罪のあらすじ

恋の罪のあらすじ - 「愛のむきだし」は見ましたか?

「愛のむきだし」は見ましたか?
【Sponsored Links】

恋の罪のあらすじ

2011年に公開された「恋の罪」は、1997年に殺害されたOL事件を元に作られた映画です。

恋の罪のあらすじ

監督は、代表作「愛のむき出し」「冷たい熱帯魚」を送り出した園子温。
映画のキャッチコピーは「ようこそ、愛の地獄へ」とあるように、登場人物の愛と心の闇を描いた作品となっています。

【Sponsored Links】


そのあらすじは、舞台は渋谷にあるラブホテル街で起こった殺人事件から始まります。

この事件の担当刑事と著名作家の妻、大学助教授の女性3人の心の闇が次第に明らかにされます。

その過激でセンセーショナルな内容により、シッチェス・カタロニア国際映画祭、ヨコハマ映画祭、キネマ旬報、と名だたる賞を獲得しています。
過激な描写でR18指定されました。

雨が降った夜にラブホテル街にあるアパート内で、女性が無残な変死体となって発見されます。

この猟奇事件の担当になった吉田和子は、エリート大学助教授の尾沢美津子と著名小説家の妻である主婦の菊池いずみ、と一見何の不思議のない肩書の女性たちが次第にその裏の顔を見せていきます。

事件の現場に駆け付けた刑事の和子は、その直前まである部屋のシャワー室で情事にふけっていたのでした。
発見された女性は、マネキンと接合されるというむごい姿。
これが映画の幕開けです。

そして、著名小説家を持つ主婦のいずみは、貞淑な妻でありながらも友人には夫の不在を寂しがっていました。

しかしそれこそが映画のクライマックスの鍵となります。
いずみがパートをしている最中にモデルのスカウトを受け、次第に気持ちのたががはずれてしまいます。

見る見るうちに綺麗になるいずみに、言いよる男・カオルと関係を持ったことが彼女の地獄の始まりでした。

そんな折、大学助教授の美津子と出会います。
美津子は自身が売春したり、いずみに売春を示唆したりと通常を逸した側面を持ち合わせていました。

その美津子は自身の母親によって殺害されます。
その殺害に関わった人物として、いずみあるいはカオルが浮上しますが、映画の中では明言されていません。

いずみの消息もその行き先も不明です。

様々なことが巻き起こった事件に携わった刑事の和子は、不倫をしながらも自分の人生と家族円満を守り抜きます。

しかし、和子すらも美津子やいずみのように深みにはまる人生に転落してしまうことも示唆しながら、エンディングを迎えるのです。

刑事役の吉田和子は水野美紀、大学助教授の尾沢美津子は冨樫真、著名作家の妻の菊池いずみは神楽坂恵がそれぞれ演じています。