恋の罪のキャスト

恋の罪のキャスト - 「愛のむきだし」は見ましたか?

「愛のむきだし」は見ましたか?
【Sponsored Links】

恋の罪のキャスト

2011年公開の「恋の罪」は、1997年に起こったOL殺人事件に影響を受けたて作られた作品です。

恋の罪のキャスト

監督は、園子温。
代表作に「愛のむき出し」「冷たい熱帯魚」等があります。
セクシュアルな描写などで話題を呼びR-18指定されました。

主なキャストは、水野美紀(刑事の吉田和子役)、冨樫真(大学助教授の尾沢美津子役)、神楽坂恵(著名作家の妻の菊池いずみ役)となっています。

水野美紀(刑事の吉田和子役)は1974年三重県出身。
代表作と言えば、「踊る大捜査線」で清純な雪乃役といった清純派な演技の印象が強くあります。
しかし以外にも幼少期に少林寺権謀を嗜んでいて、アクションや殺陣などのシーンでも見事な身のこなしを見せています。
彼女も30代となり、この映画で初のオールヌードを披露したことで注目となりました。

冨樫真(大学助教授の尾沢美津子役)は1973年宮城県生まれ。
1998年の舞台「十二夜」のヴィオラ役として蜷川幸雄に見いだされ、女優として注目されるようになりました。
同じ年に上映された映画「犬、走るDOG RACE」では、高崎映画祭新人女優賞を獲得。

舞台や映画のみならず、CMなどでも活躍の場を広げている女優です。
出演した映画ではヌードシーンも披露していて、2002年「マブイの旅」ではヘアヌードも辞さない演技を見せています。

神楽坂恵(著名作家の妻の菊池いずみ役)は、1981年岡山県出身。
グラビアアイドルとしてデビューした後、2007年アイドル活動に終止符を打ちました。
以降女優の道を歩みます。

特技は多岐に渡り、弓道・ピアノ・日舞そして美容師免許と着付け師免許を持っています。
劇中では貞淑な主婦を演じていますが、大和撫子を感じさせる立ち居振る舞いは、こうした有資格の経験も生かされているようです。

彼女はこの作品の前にも園子温監督の映画に出演しています。
この作品後、彼女は監督と婚約を発表し入籍に至りました。

彼女は「お嫁にいけなくなるほど頑張って演技をした」といった趣旨のコメントをしましたが、その監督とめでたく結ばれたことは縁の深さを感じるものとなりました。
彼女はその後も監督の映画に出演しています。