ヒミズのあらすじ

ヒミズのあらすじ - 「愛のむきだし」は見ましたか?

「愛のむきだし」は見ましたか?
【Sponsored Links】

ヒミズのあらすじ

ギャク漫画「行け!稲中卓球部」で席巻した漫画家・古谷実が手掛けた「ヒミズ」は、問題作であり話題作でもありました。
そのため、映像化は実現しないと誰もが思っていた所、原作者と映画監督・園子温が手を組み作り上げた作品が映画「ヒミズ」です。

ヒミズのあらすじ

映画のあらすじは、15歳の少年少女の日常から始まります。
染谷将太演じる住田祐一は、ただひとつ「普通の大人」になることだけを願っていました。
15歳らしい将来の夢や希望を持つことなく、一心に「人に迷惑を掛けない生き方」を模索していたのです。

家業は貸ボート屋。
そこは震災によって住む場所を失った人たちが集う場所でもあり、そうした大人たちと平凡な日々を暮していました。

一方、二階堂ふみ演じる茶沢景子は、愛すべき人に守られて守りきる人生を生きることが一番の夢と信じる15歳の少女。
同じ年ながらどこか達観した雰囲気を持つ住田に興味を持ち、いつしか熱烈なアプローチを持ちかけていきます。

しかし、住田に距離を置かれながらも徐々にその距離が近づいていることを実感し、心ときめく毎日でした。

そうした最中、二人の生活に大きな変化が訪れます。
借金を残したまま蒸発した住田の父親(光石研)が舞い戻ったのです。
息子に執拗に金を作るように迫り、挙句の果てには暴力でねじ伏せる父親。
母親(渡辺真起子)と言えば、男を作り蒸発。
兄弟もいない住田は突然天涯孤独となってしまうのです。

茶沢はありったけの気持ちで住田を励まし続けます。
茶沢の思いやりで住田の心が徐々にほぐれ始めた時に、住田に更なる試練が訪れます。
それから住田はささやかな夢であった「普通の大人」になる夢を諦めるのです。

諦めた時からの時間を「おまけの人生」と決め、世にはびこる「悪」を見つけて自身で処罰を下す計画を立てるのです。

思春期真っ盛りの少年が、普通に生きることも許されず、夢も希望も将来も閉ざされた暗闇の中で生きる住田。
愛こそが全てと信じる茶沢。
エンディングに向かって疾走するみずみずしくも圧巻な二人の演技は圧巻です。